フリーレッスン集

FREE LESSONフリーレッスン集

【アーティスト・スポットライト】マイケル・キャプラン

今回のアーティスト・スポットライトは、マイケルがアメリカン・ギター・アカデミーの輝かしいリーダーであることから、慎重に話を進めなければならない!というのも、彼はアメリカン・ギター・アカデミーの代表であり、またそのビジネスを成功させているのだから。マイケルはアメリカ出身で、アメリカ国内の有名大学やネパールのコースリーダー、そして現在アメリカン・ギター・アカデミーを主宰している日本で教鞭をとっている。

「第一に私はミュージシャンであり、第二にギタリストである」

彼にとって、ギター単体よりも、音楽全般の全体像の方が重要なのだ。正直なところ、ギタリストはエゴが強いことで知られている。ギターは本質的に道具であり、アラン・ホールズワースも同じような考えを持っていた。彼は当初サックスを演奏したかったが、代わりにギターを与えられた。彼は、頭の中の音楽に命を吹き込むための道具として楽器を使ったのだ。

バイオグラフィー

マイケルは11歳頃からギターを弾き始めた。しかし、最初にこの楽器を手にした理由は、話してみると意外なものだった。彼がギターを弾き始めたのは、当時、家族の隣人に父親のギターを使われたくなかったからで、マイケルがいたから問題の隣人はギターを使えなかったのだろうと思う!

1980年代半ば、MTVは大流行し、さまざまなタイプの音楽を特集した。ガンズ・アンド・ローゼズやホワイトスネイクのようなスタジアムを埋め尽くす不朽のロックバンドは、シンディ・ローパーやマドンナのようなアーティストと同様に、それなりのシェアを占めていた。それら全てがマイケルに影響を与えたのだ。

 

嫌いな音楽は?

「私はあらゆる種類の音楽を聴き、そのすべてから(良し悪しは別として)何かを学ぶ」

 

これが質問に対するマイケルの答えだった。今までに、そしてもしあなたが他のアーティスト・スポットライトの投稿を読んできたのなら、あるパターンに気づいたと想像する。音楽から「悪い」ことを学ぶということに関しては、良いことを学ぶのと同じくらい、いや、それ以上に役に立つことがある。ギターであれ何であれ、曲の中で本当に嫌いなものを聴いたら、何が起こっているのかを突き止めよう。それを書き写し、演奏し、自分の好みに基づいてやってはいけないことを学べるように、それを分離するとよりミュージシャンとしての自分自身のスタイルに気が付くだろう。

 

ミュージシャンとして働くことに関して

EVERYTHING BUT THE PLAYING!(全ては楽しむことだ!)

マイケルは、‘Pee Wee’ EllisAverage White Bandといった業界のビッグネームと共演してきた。しかし、教育の面では、生徒に知識やカリキュラムを教えることに重点を置いており、必ずしも演奏することに重点を置いているわけではない。現代においてミュージシャンであることとさほど変わらない、まったく異なるスキルを必要とするビジネスを経営するだけでなく、マイケルはいくつかの本も出版しており、そのいくつかはバークリー・プレスから出版されている。すべての音楽を愛することは、良いことでしかない。マイケルと私がさまざまなスタイルでの演奏について話し合ったとき、彼が音楽を演奏している限り、あるいはミュージシャンとして活動している限り、彼は幸せなのだという意味で、純粋に楽しんでいるという答えが返ってきた。それは、今日の多くのミュージシャンに欠けている感情だ!

 

機材

機材に執着する人がいる一方で、自分の好きなものだけを知っている人もいる。しかし、マイケルがフェンダーのストラトキャスターやギブソンのES335を弾いているのを見たことがある。それに彼が変わった形のアコースティック・ギターを弾いているのも見たことがある。プレイヤーを形作るのは道具ではないということだ。

 

あなたの演奏が早とちりされたことはありますか?

「私の演奏を聴いてもらわずに、資格だけで仕事をもらったことは何度もある。 しかし、それでも私は成果を出す必要があった」

これは興味深い視点であり、この業界において口コミがいかに効果的であるかを物語っている。例えば、ロンドンに本当の「セッション・ギタリスト」は片手で数えられるほどしかいない。多様で質の高い履歴書を持つことは、それがどんなものであれ、ギグを得るのに役立つ。過去に頼るだけではダメで、自分がやっていることが何であれ、成果を出す必要があるのだ。

 

初心者へのアドバイス

下記はマイケルからの素晴らしいアドバイスです。これは初心者、趣味人、プロ、その他全ての人に当てはまると思います:

「できるだけ多くの音楽を聴くこと」他のミュージシャンと一緒に演奏するときは、「演奏するよりも耳を傾けること」そして「座って(じっくりと音楽と向き合って)楽しむ!」。あまりにも多くの場合、人はテクニックに集中し、楽器を演奏することがもたらす単純な楽しみを味わっていないことがあるのだ。

これらのポイントをさらに発展させると、何かを学ぶ最善の方法は、自分より優れた人たちに囲まれることだということは広く知られている。楽器を演奏することは、私たち全員が歩んでいる道程ではあるが、その道程の先にいる人を必ず見つけることができる。私はイギリスにいたとき、2年間日本語の勉強に費やしたが、きちんと上達し始めたのは実際に日本に来てからだった。音楽も同じで、ジプシー・ジャズのチョップを手っ取り早く磨きたいのなら、熟達した演奏家を見つけ、そこから始めるといい。

他の人がどのようにメロディックに演奏しているのか、それを聴くことで学べるだけでなく、あなたのリード演奏に対して他の人がどのように反応するかも聴くことは常に良いアイデアだ。彼らはあなたにもっとスペースを与えているだろうか、あなたの演奏を積極的に聴き、その都度調整しているだろうか?

What’s New?

良い音楽を演奏するのに、常に新しい機材やコンテンツを追い続ける必要はない。多くの人はより良いミュージシャンになるためには、実際にどれだけの作業(トレーニング)が必要なのかをひどく過小評価している!というのが彼の意見だ。

「私は常に、楽器の新しいアイデアだけでなく、自分の耳を開発しようとしています」

自己改善のプロセスに終わりはなく、完全にあきらめるか、もはやこの世のものでなくなったくらい向上した時に初めて止まるものだ。真の完璧な音程の持ち主のようなものは、限られた人だけが、適切な条件のもとで手にすることができる。しかし、私たちは誰でも、たとえば「相対音感」を鍛えることができるだろう。「相対音感」とは、ある音を聞いて、そこから音程を認識できることだ。

単純に音程を識別することを学ぶだけでなく、耳を発達させることで、曲の中のパートを区別することができるようにもなる。ギタリストの視点から見ると、多くの曲はハーモニーが何層にも重なっていて、中には非常に近いものもある。あなたの耳と常識を組み合わせることで、正しいパートを判断することができるのだ!

楽器の新しいアイデアについては、それはどんなことでもあり得るし、人によって違うだろう。すべてを知ることは不可能だし、すべての演奏コンセプトを熟知することもできないと思う。すべてを知っていると思ったときに、マイナー・ペンタトニック・スケールを弾くための別のアプローチがあることに気づいたり、いくつかの基本的なコードを表現する追加の方法があることに気づいたりする。弾き始めて最初の数週間で、一度にすべての弦に指を置くことができることを発見したことを覚えている。その形には名前までつけたが、それがバー・コード・シェイプの基礎であることを知ったのは、その数ヵ月後のことだった。そのアイデアがあなたにとって新しいものである限り、それはまだあなた自身の個人的な旅の一歩前進なのだ。

以下にいくつかのリンクを紹介しよう:

Berklee Press – Michael Kaplan

https://berkleepress.com/berklee-authors/michael-kaplan/

バークリー・プレスから出版された2冊の本の概要をご覧いただけます。

電子書籍版をご希望の方は、こちらのアマゾンでもご覧いただけます:

https://amzn.asia/d/0r163ZE

https://amzn.asia/d/4zN6UE0

もちろん、アメリカン・ギター・アカデミーを抜きにして、この記事を締めくくることはできない。アメリカン・ギター・アカデミーは、あなたがこのブログ記事を読んでいるという事実だけで、間違いなく名門校なのだ。

Alex

電話申込み
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
ページトップへ