フリーレッスン集

FREE LESSONフリーレッスン集

【エレキ・ギターの種類】最も人気のあるタイプとは?

エレクトリック・ギターは、音楽的革新、文化的革命、そして音の探求の象徴であると思う。20世紀初頭に誕生して以来、幾多の変遷を経て様々なタイプが生み出され、それぞれにユニークな特徴と熱狂的なファンが存在します。今回のブログでは、最もポピュラーなエレキ・ギターの種類を掘り下げその変遷を辿り、特徴的な特徴を検証し、その不朽の遺産を讃えたいと思います!

1.ストラトキャスター:多様性と革新の象徴

1950年代にレオ・フェンダーによって開発されたフェンダー・ストラトキャスターは、その洗練されたデザインと多彩な音色能力で、エレキギターの世界に革命をもたらした。ストラトキャスターのダブルカッタウェイ・ボディは、高いフレットへのアクセスを容易にし、演奏性を高め、表現力豊かな演奏を可能にします。ストラトキャスターの特徴の1つは、戦略的に配置された3基のシングルコイル・ピックアップで、幅広いトーンを提供してくれる。ブライトでトゥワンギーなサウンドからウォームでメロウなサウンドまで、ストラトキャスターは様々な音楽スタイルや演奏テクニックに難なく対応できる。さらに、トレモロ・ブリッジ・システムの搭載により、プレイヤーはピッチを操作し、サウンドに微妙なニュアンスを加えることができる。ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、スティーヴィー・レイ・ヴォーンなど、ストラトキャスターを愛用した著名なギタリストは枚挙にいとまがない。その象徴的なデザインだけでなく、ストラトキャスターの影響はエレキ・ギターの領域をはるかに超え、何世代にもわたってロック、ブルース、ポップ・ミュージックのサウンドを形作ってきた。

2.レスポール:比類なきサスティーンを備えた永遠のクラシック

1950年代にギブソンから発表され、伝説のギタリスト、レス・ポールの名を冠したこのギターは、瞬く間にロックンロールの代名詞となりました。レスポールのシングル・カッタウェイのボディ・デザインは、ソリッド・マホガニー・ボディにメイプル・トップを組み合わせたもので、パワフルで表現力豊かなトーンを求めるギタリストに珍重される豊かなサスティーンとレゾナンスを実現している。最も大きな革新のひとつはハムバッキング・ピックアップの搭載で、ノイズを効果的に低減し、ロック・ミュージックに理想的な太く骨太なトーンを実現した。さらに、レスポールのセットネック構造は、サスティーンとレゾナンスをさらに高め、すべての音が明瞭で明瞭に響くことを保証している。レスポールは、ジミー・ペイジ、スラッシュ、ビリー・ギボンズなど、数え切れないほどのギター・ヒーローに愛用されてきた。その独特のサウンドと時代を超越したデザインは、ロック・ミュージックに忘れがたい足跡を残し、卓越した音楽の不朽のアイコンとしての地位を確固たるものにしている。

 

3.テレキャスター:エレキギター・デザインのパイオニア

レオ・フェンダーのもうひとつの作品であるフェンダー・テレキャスター(テレ)は、1950年代に商業的に成功した世界初のソリッド・ボディ・エレクトリック・ギターとしてデビューした。そのシングル・カッタウェイのボディは、最大の信頼性と耐久性を実現するために作られた、シンプルで実用的なデザインが特徴だ。2基のシングルコイル・ピックアップを搭載し、ブライトで明瞭なサウンドと独特のバイト感を実現。ボルトオン・ネック構造によりメンテナンスや調整が容易で、あらゆるレベルの演奏者に最適な演奏性を提供する。テレキャスターは長年にわたり、カントリー・ピッカーからパンク・ロッカーまで、様々なミュージシャンに愛用されてきた。キース・リチャーズ、ブルース・スプリングスティーン、ジェームス・バートンといった著名なプレイヤーは、テレキャスターを操り、世界中の聴衆の心に響く時代を超えた音楽を生み出してきた。ストレートなデザインと特徴的なトーンは、楽器に多様性と信頼性を求めるギタリストに長年愛されている。

4.SG:ロックの軽量パワーハウス

1960年代に「レスポールSG」として登場したギブソンSGは、その軽量なデザインとアグレッシブなトーンで瞬く間に人気を博した。ダブルカッタウェイのマホガニー・ボディは、先の尖ったホーンが特徴で、アッパーフレットへのアクセスが向上し、洗練されたモダンな美しさを実現している。デュアル・ハムバッキング・ピックアップを搭載し、ハードロックやメタル・ギタリストに好まれる高出力でクランチーなトーンを実現。スリムで速弾きしやすいネック・プロファイルは、シュレッドやソロに理想的。アンガス・ヤングの灼熱のリフからデレク・トラックスのヘヴィなブルース・リックまで、SGは過去1世紀で最も影響力のあるギタリストの手に渡りました。その特徴的なサウンドと快適な演奏性により、ブルースやロックからヘヴィ・メタルまで、幅広いジャンルで定番となっている。

 

5.ES-335:ブルージーでソウルフルなサウンド

ギブソンES-335は、エレクトリック・ギターの領域における多用途性とクラフツマンシップの模範と言えるでしょう。1958年に発表されたES-335は、ホロウボディ・ギターの豊かで温かみのあるトーンと、ソリッド・ボディ・ギターのサスティーンと耐ハウリング性を併せ持つ、画期的なイノベーション。そのセミ・ホロウ・デザインは、ボディを貫くメイプル・センター・ブロックを特徴としており、サスティーンを向上させるだけでなく、大音量時のハウリングのリスクを軽減する。ES-335のデュアル・ハムバッキング・ピックアップは、クリーミーなブルースから噛み付くようなロックまで、幅広いトーンを提供してくれます。Fホール、バウンド・ボディ、クラシック・フィニッシュなど、エレガントな外観は、ヴィンテージの魅力と洗練さを醸し出しています。ES-335は、B.B.キングのようなブルース・レジェンドからエリック・クラプトンやチャック・ベリーのようなロック・アイコンまで、ジャンルを超えて数多くのギタリストに愛用されてきました。その時代を超越したデザインと比類なきサウンドの多様性は、エレキギター界の真のアイコンとしての地位を揺るぎないものとし、プレイヤーにも愛好家にも愛されている。

 

6.ホロウボディ:時代を超えたエレガンスとヴィンテージ・サウンド

1930年代から1940年代にかけてジャズやブルースのシーンで人気を博したホロウボディ・エレクトリック・ギターは、中空または半中空のボディ構造が特徴で、耳の肥えたミュージシャンに珍重される暖かく響くトーンを生み出します。これらのギターは通常、シングルコイルまたはハムバッキング・ピックアップを搭載しており、様々な演奏スタイルや音楽ジャンルに合わせて幅広いトーン・オプションを提供します。Fホールやその他のサウンドホールを装備することで、プロジェクションが向上し、楽器の美的魅力が増し、ヴィンテージ・エレガンスと洗練された感覚を呼び起こします。数十年にわたり、ホロウボディ・ギターはジャズ、ブルース、ロカビリーなどのサウンドを形成する上で重要な役割を果たしてきました。ウェス・モンゴメリー、チャック・ベリー、ジョージ・ハリスンなど、様々なジャンルのレジェンドたちがホロウボディ・ギターを操り、時代を超越した音楽を生み出してきました。

その他のクラシック・モデル

先に挙げた象徴的なエレキ・ギター以外にも、音楽の世界に忘れがたい足跡を残した人気モデルがいくつかある。

 

ギブソン・フライングV

そんなギターのひとつが、1950年代後半にギブソンの未来的なモダニスト・シリーズの一部として発表されたギブソン・フライングVだ。当時急成長していたスペース・エイジの美学にインスパイアされた特徴的なV字型ボディは、視覚的にもサウンド的にも大胆なステートメントを打ち出しました。デュアル・ハムバッキング・ピックアップを搭載したFlying Vは、ハードロックやヘヴィメタルのギタリストに好まれるパワフルで高出力なトーンを実現。アグレッシブなデザインとステージでの圧倒的な存在感により、楽器で存在感を示そうとするパフォーマーに愛用されています。

 

フェンダー・ジャズマスター

1958年にフェンダーの最高級エレキ・ギター・モデルとして登場したフェンダー・ジャズマスターもまた、注目すべきギターです。当初はジャズ・ミュージシャン向けに販売されたジャズマスターは、そのユニークなオフセット・ウェスト・デザインと幅広いトーン・オプションにより、瞬く間に様々なジャンルのプレイヤーの注目を集めました。ハムノイズを抑え、スムーズで明瞭なサウンドを提供するよう設計されたソープバー・ピックアップは、フェンダーの他のモデルに見られるブライトでツンとしたトーンとは一線を画している。ジャズマスターの瑞々しく雰囲気のあるサウンドは、新たなサウンドの領域を開拓しようとするオルタナティブ・ロック、インディーズ、シューゲイザーのミュージシャンに支持されている。

 

グレッチ・ホワイト・ファルコン

グレッチ・ホワイト・ファルコンは、その印象的な美学とリッチでラグジュアリーなトーンでミュージシャンを魅了した、もうひとつのアイコニックなギターです。1950年代後半にグレッチのフラッグシップ・モデルとして発表されたWhite Falconは、特徴的なホロウボディ構造を持ち、ゴールドのハードウェア、華麗なバインディング、輝くホワイト・フィニッシュで飾られています。デュアル・フィルタートロン・ピックアップが生み出す独特の煌びやかなサウンドは、明瞭かつダイナミックで、ロカビリー、カントリー、ロックのギタリストに愛用されています。ホワイト・ファルコンのエレガントなデザインと贅沢なトーンは、エレクトリック・ギターの世界における真のクラシックとしての地位を確固たるものにしていると言えるでしょう。

これらは、現代音楽の風景を形作ってきた数多くの人気ギターのほんの一例に過ぎません。どのモデルも、デザイン、トーン、演奏性において独自の組み合わせを持ち、世界中のミュージシャンの多様なニーズと好みに応えています。フライングVのアグレッシブなサウンド、ジャズマスターのスムーズなトーン、ホワイト・ファルコンのラグジュアリーでエレガントなサウンドなど、これらのギターは世代を超えてプレイヤーを魅了し、インスピレーションを与え続けています。

 

自分に合った楽器を選ぶ

自分に合ったエレキ・ギターを選ぶということは、演奏スタイル、音楽の好み、予算、美的感覚などの要素に影響される、極めて個人的かつ主観的なプロセスです。しかし、完璧な楽器を探す旅に出る際には、いくつかの重要な考慮事項があります。

 

ジャンルに合わせて選ぶ

何よりもまず、好みの演奏スタイルと演奏する音楽のジャンルを考慮することが重要です。エレキギターは、モデルによって適したスタイルが異なり、それぞれ独自の音色特性や演奏性を備えています。例えば、ブルースやクラッシック・ロックをメインにプレイしたいのであれば、ブライトでツインギーなトーンで知られるフェンダー・ストラトキャスターやテレキャスターなど、シングルコイル・ピックアップを搭載したギターに惹かれるかもしれません。一方、ハードロックやメタルなどヘヴィなスタイルを好む場合は、太くパワフルなサウンドで知られるギブソン・レスポールやSGなど、ハムバッキング・ピックアップを搭載したギターを選ぶと良いでしょう。

 

適切な価格帯を見つける

次に、予算と納得のいく品質レベルを検討しましょう。エレクトリック・ギターには、お手頃なエントリー・モデルから、高級な素材と部品で作られたハイエンドな楽器まで、幅広い価格帯があります。最高級のギターに奮発したくなる気持ちもわかりますが、もっと手頃な価格帯にも優れた選択肢がたくさんあることを忘れてはいけません。最終的には、予算内に収まり、あなたの音楽的目標を達成するために必要な機能と品質を提供するものが、あなたにとって最良のギターです。

 

購入時は自分の目で確かめることをおすすめします!

さらに、可能であれば購入する前に、さまざまなギターを実際に試してみることが非常に重要です。お近くの楽器店を訪れ、様々なモデルを試奏してみることで、それぞれのギターがあなたの手にどのように感じられ、どのようなサウンドを奏でるのか、より良い感覚を得ることができるでしょう。ネック・プロファイル、指板、全体的なエルゴノミクス(人間工学)など、演奏体験に大きく影響する要素に注目してください。自分の直感を信じて、弾き心地が良く、インスピレーションを与えてくれるギターを選びましょう。

 

ルックスも重要

最後に、エレキ・ギターを選ぶ際に美観の重要性を見落としてはいけません。サウンドや演奏性が優先されるべきなのは事実ですが、ルックスやフィーリングが素晴らしい楽器を所有することで得られる感情的なつながりを否定することはできません。サンバースト・フィニッシュのヴィンテージな魅力、ソリッド・ブラックの洗練されたモダンさ、フラメトップの華やかなエレガンスなど、自分のスタイルやアイデンティティに合ったギターを選びましょう。

 

一度は全部の種類を試して弾いてみると良いかも!

エレクトリック・ギターは、人間の創造性、革新性、そして芸術的表現の無限の可能性の証しです。レオ・フェンダーやギブソンの象徴的なデザインから、ホロウボディ・ギターの時代を超越したエレガンスに至るまで、各タイプは音楽の歴史の中で独自のニッチを切り開いてきた。ストラトキャスターの多彩なトーン、レスポールの生々しいパワー、ホロウボディのヴィンテージな魅力など、エレクトリック・ギターはミュージシャンや聴衆にインスピレーションを与え、魅了し続け、卓越した音楽の不朽のシンボルとしての地位を確かなものにしています。

 

-Ryan

電話申込み
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
ページトップへ