フリーレッスン集

FREE LESSONフリーレッスン集

【ギター・ヒーロー】ジョー・パスとフィンガースタイル・ジャズ・ギター

ジャズ・ギターの領域において、ジョー・パスは傑出した存在で、その華麗なソロ・ギターのプレイ・スタイルとオスカー・ピーターソンなどの名手たちと肩を並べる能力で知られ、史上最高のジャズ・ギタリストの一人として賞賛されることも多い。パスはその比類なきフィンガースタイル・テクニックとブルージーなコード・インプロヴィゼーションでこのジャンルに足跡を残した。彼のジャズ・ギターへの貢献は深く、広範囲に及び、後世のジャズ・ミュージックを形作ることになった。今回の記事では彼について見ていこうと思う。

ジョー・パスの生涯とキャリア

1929年、ニュージャージー州ニューブランズウィックにジョセフ・アンソニー・ジャコビ・パッサラクアとして生まれたジョー・パスの幼少期は、苦難と葛藤の連続だった。労働者階級のイタリア系アメリカ人の家庭に育ったパスは、若い頃から音楽に慰めを見出し、チャーリー・クリスチャンやジャンゴ・ラインハルトといったジャズ・ギターの巨匠たちのレコードを聴きながら独学でギターを学んだ。その天賦の才能とひたむきな努力はすぐにミュージシャン仲間の注目を集め、10代後半にはすでに地元のジャズ・シーンで名を馳せていた。

キャリアを通じて、パスはデューク・エリントン、ディジー・ガレスピー、オスカー・ピーターソンなど、さまざまなジャズ界の著名人とコラボレートし、ジャズのアイコンとしての地位をさらに確固たるものにした。後述する”Virtuoso”や “Virtuoso 2″などの画期的なソロ・レコーディングでは、ソリストとしても伴奏者としても非凡な才能を発揮し、批評家や聴衆から広く称賛を浴びました。

 

ギター・テクニックとプレイ・スタイル

ジョー・パスの特徴的なサウンドの中心は、フィンガースタイル・テクニックの習得で、これによって彼は暖かく響くトーンを実現し、複雑なコード・ヴォイシングを正確かつ明瞭に表現することができた。彼のインプロヴィゼイションへのアプローチはビバップの伝統に根ざしており、急速なメロディライン、厚みのあるハーモニー、リズムの推進力が特徴です。パスの 「コード・メロディ 奏法」は、メロディとハーモニーを同時にギターで即興演奏するもので、彼のスタイルの特徴となった。単音のラインとコードのテクスチャーをシームレスに統合する彼の能力は、オーケストラのような深みと豊かさを生み出し、ソロ演奏を音楽表現の新たな高みへと昇華させた。

技術的な卓越性に加え、パスは深いスイング感と非の打ちどころのないタイム感でも知られていた。彼のリズムの正確さとダイナミック・コントロールは、複雑なリズム構造を難なく操り、様々なアンサンブルの場で他のミュージシャンと交流することを可能にした。彼の楽器演奏は比類のないもので、複雑な和声進行を難なく操り、無限の創造性をもって即興演奏することを可能にした。

温かみのあるウッディなトーンを持つアコースティック/エレクトリックのアーチトップ・ギターは、パスの好みの楽器だった。ジョー・パスは、1960年代にジャズ・ギタリストの間で大人気だったギブソンES-175を弾いていた。その後、彼はカスタムメイドのダキスト・ギターに持ち替え、時にはアイバニーズのシグネチャー・モデル、JP20を使用することもあった。手首を浮かせ、素早く力強いアタックを繰り出すフィンガースタイル・テクニックは、彼のギタープレイに特徴的なパンチを与えています。即興演奏はジャズ・ギターの中心であり、演奏のたびにメロディ、ハーモニー、リズムの糸を織り交ぜ、自発的な音楽表現のタペストリーのように新たな創造を生み出す。パスのフィンガースタイル・テクニックを正確かつスピーディーに習得するには、ひたむきな練習と細部へのこだわりが必要なのです。さらに、アンサンブルにおけるギターの役割を理解することで、ギタリストを目指す人は、ジャズのエッセンスを取り入れる上でのトーン・プロダクションとダイナミック・コントロールの重要性を理解することができます。

 

象徴的な録音

以下は、ジョー・パスの人気レコーディングの短いリストです。彼のユニークなプレイ・スタイルを知るためには、これらすべてを聴くことをお勧めします。多くのギタリストがこれらのアルバムを研究しており、意欲的な読者には是非お勧めしたい。ジョー・パスの最も象徴的な録音のセレクションは、彼の音楽的遺産の深さと多様性を垣間見せてくれる。これらのアルバムはいずれも、パスの名人芸と創造性、そしてアーティストとしての深い音楽性と感性を示している。

Virtuoso (1973)

このアルバムは、ありそうでなかった大成功だった。このアルバムを録音した時、パスはすでに44歳で、薬物中毒と法的トラブルでキャリアも人生も失いかけていた。ジャズはエレクトリック・サウンドに移行し、フュージョンの時代はジャンルをよりワイルドでラウドな領域へと押し上げた。誰が無伴奏アコースティック・ギターのアルバムを必要としていたのだろうか?にも関わらず「Virtuoso」は彼の最も成功したアルバムのひとつとなった。このアルバムは売れただけでなく、批評家たちからも彼のキャリアの中で最高のアルバムだと即座に賞賛された。これは一連の「Virtuoso」アルバムとなり、どれもチェックする価値がある。

“Intercontinental” (1970) 

個人的に最も好きなジョー・パスのアルバムで、パスのギタリストとしての多才ぶりが発揮されている。ドイツで録音され、ドラムとベースとの「ギター・トリオ」で演奏している。ビバップからラテン・ジャズまで、さまざまなスタイルがミックスされ、彼の幅広い音楽的関心と能力を示している。ベースとドラムのおかげで、彼の演奏はより抑制され、味わい深いものとなっている。

“For Django” (1964)

ジョー・パスがジャンゴ・ラインハルトのためにトリビュート・アルバムを録音し、この伝説的なジプシー・ジャズ・ギタリストが作曲した曲や、ジャンゴ・ラインハルトにゆかりのある曲に独自の解釈を加えた。リーダーとしての4枚目のアルバムで、ジョー・パスは幼い頃からビバップ・バンドで演奏して学んだことを土台にした。彼は2本のギター、ベース、そしてジョン・ピサノとのドラムという小さなコンボを組んだ。このラインナップは、アルバムに無駄のない俊敏な感触を与え、ごちゃごちゃしすぎず活発なサウンドに仕上がっている。

“Sounds of Synanon” (1960) 

「Sounds of Synanon」は、ジョー・パスのディスコグラフィの中でも重要なアルバムだ。1960年、ギターを持たず、ポケットに13セントしかなかったパスは、薬物乱用者の更生施設であるシナノンに身を寄せた。この決断が彼の命を救い、キャリアの転機となった。シナノンは単なるリハビリ施設ではなく、多くのロサンゼルスのジャズ・ミュージシャンが集まる場所でもあった。1961年春、パスはピアニストのアーノルド・ロスらとともに、パシフィック・ジャズから「Sounds of Synanon」(PJ-48)というタイトルのレコーディングに参加した。このアルバムでパスは一躍脚光を浴び、ダウン・ビートの第11回批評家投票でニュー・スター賞を獲得した。ボックはパスと契約を結び、その後6年間、革新的な方法でパスに挑戦し続けた。ジャーナリストのハワード・ルクラフトは、ボックは各ミュージシャンの能力と個性を認め、その資質を興味深い方法で活かそうとする非常に前向きな人物だったと記している。それゆえ、このアルバムは、人生の困難な時期におけるパスの回復力と芸術的成長の証として成り立っている。このアルバムでは、珍しく、パスのピック弾きやソリッドボディのエレキギターでの演奏も聴くことができます!

“Portraits of Duke Ellington” (1974) 

「Portraits of Duke Ellington」は、1975年にリリースされたジャズギタリスト、ジョー・パスの重要なアルバム。このアルバムはジャズ・ミュージシャン、デューク・エリントンへのトリビュートであり、彼の死後まもなく制作されました。

アルバムは1974年6月21日にロサンゼルスで録音。アルバムのメンバーは、ギターにジョー・パス、コントラバスにレイ・ブラウン、ドラムにボビー・ダーハム。全曲デューク・エリントンの作曲。このアルバムは、パスの名人芸的なギターの腕前とデューク・エリントンの音楽への深いリスペクトを披露するものである。ジャズ・ギターやデューク・エリントンの音楽に興味のある人にお薦め。

 

パスの遺産

ジョー・パスの遺産は、彼の印象的なディスコグラフィや技術的な卓越性だけにとどまらない。彼は後世のジャズ・ギタリストの先駆者であり、数え切れないほどのミュージシャンに楽器の限界を押し広げ、新たな表現の道を探るようインスピレーションを与えた。パスはソロ・ギターのコード・ヴォイシングとコード・メロディ・アレンジの真のパイオニアであり、彼のコード・メロディへのアプローチはこのスタイルを定義した。彼の影響は、ビバップからコンテンポラリー・フュージョンまで、幅広いスタイルのモダンジャズ・ギタリストの演奏に聴くことができる。演奏家としての貢献に加えて、パスは教育者としても才能を発揮し、ワークショップやマスタークラス、教則本を通じて、意欲的なミュージシャンたちに彼の知識や見識を伝えていた。彼の指導法は、イヤー・トレーニング、インプロヴィゼーション、楽器における個人的な声の発達の重要性を強調しており、この原則は今日に至るまでジャズ・ギターを学ぶ学生たちの心に響き続けている。

  1. テクニカル・マスタリー

パスはギターの卓越したテクニカル・スキルを持っていた。彼のフィンガースタイル・テクニックは驚くほど高度で、複雑なコード・ヴォイシング、複雑な単音ライン、ビバップの高速ランを驚くほど簡単かつ正確に演奏することができた。このヴィルトゥオーゾ的な楽器の使いこなしは、同業者とは一線を画し、ミュージシャン仲間や聴衆から広く称賛された。

  1. 革新的なスタイル:

パスは、ビバップ、ブルース、ピアノの影響を受けたハーモニーの要素を組み合わせたユニークな演奏スタイルを確立した。彼はコード・メロディ演奏の達人であり、ギターで即興的にメロディとハーモニーを同時に奏で、人を魅了する豊かで独特なサウンドを作り出した。コードと単音をシームレスにブレンドする彼の能力は、ジャズにおけるギターの役割に革命をもたらし、ミュージシャンを目指す世代にインスピレーションを与えた。

  1. 多才: 

パスは、ソロイストとしても伴奏者としても同様に巧みで、さまざまな音楽的セッティングで自分の力を発揮することができた。小編成のアンサンブルを率いても、エラ・フィッツジェラルドやオスカー・ピーターソンといった伝説的なジャズのバックを務めても、彼は一貫してギタリストとしての多才さと順応性を発揮した。異なるスタイルやジャンルを自在に操る彼の能力は、ジャズ・ギターの名手としての評価をさらに確固たるものにした。

  1. 多彩なレコーディング・キャリア :

パスはそのキャリアを通じて、リーダーとして、またサイドマンとして何十枚ものアルバムを録音し、ミュージシャンとしての多様な才能を披露した。「Virtuoso」や「For Django」といった彼のソロ・アルバムは、ジャズ・ギターのカノンにおける象徴的なランドマークであり続け、その技術的な素晴らしさと芸術的なヴィジョンで崇拝されている。さらに、オスカー・ピーターソンやハーブ・エリスといったジャズ界の大物たちとのコラボレーションは、彼のジャズ・ギターの伝説としての地位をさらに確固たるものにした。

  1. 教育的貢献: 

演奏家としての業績に加え、パスは才能ある教育者でもあり、世界中のミュージシャン志望者にその知識と見識を伝えた。彼は教則本を執筆し、ワークショップを開催し、教則ビデオを録画し、インプロヴィゼーション、コード・ヴォイシング、ジャズ理論などのトピックについて貴重な指導を行った。教師としての彼の影響力は、今日に至るまであらゆるレベルのギタリストにインスピレーションを与え続けている。

 

ジョーを見逃すな (パスするな)!

ジョー・パスのジャズ・ギターへの貢献は計り知れず、その遺産は、彼の比類なき才能と技術への揺るぎない献身の証として不朽のものとなっている。画期的なレコーディングから革新的な演奏スタイルまで、パスの影響は今日のジャズ・ギタリストが演奏するすべての音に感じられる。ジョー・パスのジャズ・ギタリストとしての名声は、その比類なき技術力、革新的な演奏スタイル、ミュージシャンとしての多才さ、多作なレコーディング・キャリア、そして教育者としての貢献からきている。彼の音楽は、世界中のジャズ愛好家にとってインスピレーションの源であり、賞賛の的であり続ける。

-Ryan

電話申込み
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
ページトップへ