フリーレッスン集

FREE LESSONフリーレッスン集

【ギター・ヒーロー】現代最高のギタリストの1人、ガスリー・ゴーヴァン

よく言われる言葉に「何でも屋」というものがあるが、これは様々な分野に精通していながら、そのどれにも秀でていない人のことを指す。ただ、音楽が多様化している現代のギタリストは、ある程度「何でも屋」でさらにどれにも秀でている「万能さ」が求められるかと思う。今回のギター・ヒーローズ・ブログでは、そんな現代のギターの救世主、ガスリー・ゴーヴァンです。正直なところ、僕は彼が現在生きているギタリストの中で、唯一ではないにせよ、最高のギタリストの一人だと信じている。

3歳でギターを手にし、オックスフォード大学で英語を学び、マクドナルドの支店で働き、1993年にはギタリスト・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、彼の人生は平凡とは程遠いものだった。他のギター・ヒーローズのブログ記事と同様、ここでは伝記は書かず、彼のギター界への貢献が私にとってどのような意味を持つのか、また僕が特に興味深いと思うことを深堀っていきます。

(Image courtesy:Daniel Work)

ルーツに忠実

ガスリー・ゴーヴァンには何度か会ったことがあるが、僕が感心することのひとつは、彼が持つ技術と賢明な知識のすべてにおいて、純粋に素敵な人だということだ。彼はいつも無理のない範囲でファンのために時間を割いてくれるし、自分の仕事を心から楽しんでいるようだ。僕が2014年に初めて彼に会ったときの写真は以下をご覧いただきたい。

サックス奏者のザック・バレット、ピート・ライリー(僕の大学時代のチューターの一人!)、ジョン・ダットン、そしてガスリーの同じく才能ある弟のセスで構成されるフェローシップと呼ばれるグループと一緒に、小規模で親密なライヴをやっているのをよく見かける。これらのライヴのチケットは通常10ポンド前後だが、演奏されるミュージシャンのレベルを考えれば、完全に狂気の沙汰だ!

ガスリーはまた、地元でオープン・マイクやジャム・ナイトを頻繁に開催していることでも知られている。

 

テクニカル・マスタリー

彼はほとんど何でも弾けるし、別世界のようなレベルの演奏もできる!以下に、彼がある雑誌のために作成した、様々なカテゴリーでギタリストをランク付けしたビデオを紹介します!

Guthrie Govan Mimics the Greats

このビデオには実にさまざまなスタイルやテクニックが紹介されているが、これらの曲は純粋にデモンストレーションのために書かれたもので、実際の曲にはなっていない。以下にリンクした曲は僕のお気に入りだ。

 

Guthrie Govan – Fives

この曲の拍子が5/8なので、この曲は “Fives”と呼ばれている。この曲のコードはそれほど難しくなく、メイン・セクションはAm11、Fm11、Dbmaj7#11で構成されている。猛スピードでの素晴らしい演奏もあるが、模範的なダイナミックな流れとキャッチーなメロディもある。

インストゥルメンタル・ギターの曲にありがちな全面的な攻撃はなく、アレンジも心地よい。ハーモニクスを使った静かなセクションとベース・ソロが、この曲を次のレベルに引き上げている。

 

Guthrie Govan – Ner Ner

この曲と「Fives」は彼のアルバム『Erotic Cakes』に収録されている。この曲は6/8拍子で、ドロップDチューニングでも演奏されている。このチューニングの曲の多くは4/4拍子で、ヘヴィな方に向いている。この曲はガスリーにとってはヘヴィだが、どう考えてもメタルの曲ではない。

 

The Aristocrats – Bad Asteroid (Live)

アリストクラッツは、ガスリー、ブライアン・ベラー、マルコ・ミンネマンからなる最高に才能あるミュージシャンのトリオで、2人ともそれぞれ伝説的な存在だ。この曲は、コード・ヴォイシングの変化と、ロック・トリオの文脈における最適なヴォイシングの選択について教えてくれた。

 

この曲は標準的なフォーマットに従っているが、本当に感心したのは、とんでもないスキルが披露されたこと以上に、4分7秒のジャズのラインだ。音楽の複雑さに関係なく、バンド全体が笑顔で演奏しているのは、音楽が常にあるべき姿、つまり自分自身を楽しむことなのだ(このことを何度言ったかわからなくなってしまった!)。ギターの音色という点では、5分17秒のコーラスの音にすぐに魅了された。

 

彼の演奏から学んだこと 

ゴヴァンの演奏は、流れるような、楽な方法で首尾一貫したアイデアを生み出し、つなげる能力を持っているため、インターネット上ではしばしば上手すぎる演奏をみて「私はギターを売ります!(演奏をやめる)」というようなコメントが寄せられます。

偉大なギタリストが必ず持っている特徴、つまり、彼らの演奏を一目でそれとわかる特徴的なサウンドを持っているのです。彼の演奏を見聞きして得た最も重要な教訓のひとつは、ギターで新しい、おそらく変わったアイデアを試すこと。

僕はまた、彼のリードで、曲やソロにさまざまな曲を引用して楽しんでいる。テレビ番組や映画、ポピュラー・ソングのさまざまなテーマを学ぶことは、素晴らしい耳の訓練法だが、異なる進行の上でどのように演奏するか、同じメロディーでもハーモニーが変わればどのように機能が変わるかを教えることもできる。

 「練習するもののいくつかは、ひどい音に聞こえれば、自分が取り組むべき何かが明確になるものだ」-ガスリー・ゴーヴァン(2023年)

上記の言葉は巨匠の最近の言葉だが、僕自身の練習を評価させるだけでなく、生徒たちの練習の指針にもなっている。すでに知っていて得意なことを演奏するのは、まったく練習ではなく、どちらかといえばリハーサルに近い。

ガスリーはハンス・ジマーと長年共演しており、彼の音楽は主に映画音楽で、世界中のアリーナで演奏されている。このように密集したオーケストラでは、ギター・パートは常に簡潔でまばらでなければならない。いくつかのラインを模倣する場合、あるいはビッグバンドの音楽では、コード進行全体を1音ずつ弾き通すこともある。一方、ジ・アリストクラッツのようなトリオで演奏する場合は、できるだけ多くのスペースを埋める必要があり、ベースができることは限られている。これは通常、音程を広げて、演奏しているコードの中に空間を作り、奥行きを感じさせることによって行われる。ガスリーが両方のシナリオで演奏しているのを見て、僕はシナリオに合わせてどのように演奏を変えるべきかを理解することができた。

 

最終的な感想

ガスリーの演奏を嫌うギタリストに何人か会ったことがあるが、その理由はわからない。おそらくそれは嫉妬からきているのだろうし、あるいは彼をナンセンスなシュレッダーだと決めつけているのだろう。僕が会ったある人は、彼が多くの有名なギタリストをまとめたような音を出すからだと言った。けれど、これだけ多彩な音楽性を身につけている人がいるだろうか。

正直なところ、ファンでなかった時期は覚えていないが、2012年に大学に通っていたとき、現在以上に彼の演奏に夢中になっていたことを覚えている。今でも彼のプレーは時代を超越していると思う!

彼の演奏は彼にしかできませんが、もし彼の音楽を学びたいのであれば、アメリカン・ギター・アカデミーに連絡を取ってください!

Alex

電話申込み
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
ページトップへ