フリーレッスン集

FREE LESSONフリーレッスン集

パジャマでジャムる!アパートでの音楽演奏に関して

ギター・プレイヤーの皆さん、こんにちは!ギターの弦を鳴らすことで得られる純粋な喜びは、ただ弾き語りをしているときでも、エド・シーランの最新ヒット曲をマスターする使命があるときでも、誰もが知っていることだと思います。しかし、アパートに住んでいる場合、不愉快な音を弾いていることに気づくかもしれない。近所迷惑を恐れて、ジャムセッションに水を差すこともある。しかし、悩む必要はないのです!このブログでは、建物内で騒ぎを起こさずに音楽を続ける方法を紹介します。

アパートメントライフ

アパート暮らしは、多様な大家族の一員になるようなもの。自分のニーズと隣人のニーズのバランスを取らなければならないのです。騒音は大きな問題で、アパート暮らしで最も多い苦情のひとつです。十分なスペースとプライバシーがある戸建住宅に住むのとは異なり、アパート暮らしでは自分の行動が周囲にどのような影響を与えるかに気を配る必要があります。アコースティック・ギターの音は好きでも、隣人はその熱意を共有してくれないかもしれないのです。

 

騒音公害は単なる迷惑ではない

騒音公害は単に迷惑なだけでなく、実際に健康に影響を及ぼす可能性があります。高レベルの騒音にさらされ続けると、ストレスや不安、さらには心臓病や睡眠障害といった深刻な健康問題にまで発展する可能性があることが研究で示されています。アパートは都会の喧騒から逃れるための聖域であるはずですが、大きな音はその平穏と静寂を打ち砕くもの。そのため、別の練習方法を真剣に検討する必要があるかもしれません。

 

アコースティック・ギターのジレンマ

アパート住まいのギター愛好家なら、岩と岩の間で立ち往生しているように感じるかもしれません。楽器を弾きたいけれど、いつもうるさい隣人にはなりたくない。美しく響く音を持つアコースティック・ギターは、特にやっかい。エレキギターよりも音量が大きく、音量をコントロールするのも難しい。さらに、音は壁や床を伝わりやすいので、深夜のジャムセッションが他の人の目を覚ましてしまうかもしれません。

 

演奏する方法を見つける

ただ、あなたがアパートに住んでいるからといって、音楽への情熱をあきらめる必要はないのです。近所迷惑にならずにギターを弾く方法はたくさんあります。いくつかのアイデアを紹介します。

エレキギター: まだエレキを弾いたことがないのなら、一度試してみてはどうだろう。音量を調節でき、ヘッドフォンでも演奏できるので、誰にも邪魔されずにロックができます。

静かな練習器具: ギターの音を消すための素晴らしい製品がたくさんあります。ミュート・パッドや防音装置などを使えば、楽器の感触を楽しみながら静かに練習できるのです。ヤマハもアコースティック・ギターのようなフィーリングとサウンドのサイレント・ギターを作っている。多くのミュージシャンは、室内で演奏するためだけに、メインの楽器と同じような感触の専用楽器を購入しています。

デジタル機器:バーチャル・ギターやソフトウェアベースのインストゥルメントを使えば、物理的なアンプを使わずにアコースティック・ギターのサウンドやフィーリングを得ることができます。これはエレキ・ギターのアプローチに似ていますが、より高度なカスタマイズやレコーディング機能を備えています。

コミュニティ・スペースと練習スタジオ:集合住宅や地域の共同スペースをチェックしてみよう。居住者が騒音を気にせずに演奏できる音楽室がある建物もあります。他のミュージシャンと知り合うのにも最適だ!室内で楽器を演奏することは禁止されているので、僕は建物の屋上で練習しています。リーズナブルな値段で利用できるリハーサルスタジオが近くにあることもあります。ジムに通うように定期的に通うことができるのです。カラオケルームで練習している人も知っています。自分にとって一番便利な場所を探しましょう。

野外: 近くに公園や広場があるなら、音楽を外に持ち出してみてはどうだろう。騒音レベルを気にすることなく、思う存分演奏できます。ただし、アコースティック・ギターを日なたに長時間放置しないように注意してください!

ジャム

アパートはそれぞれ違うということを忘れないでください。アパートの間取り、壁の厚さ、そして隣人の考え方さえも、どのような音楽制作が可能かどうかに影響します。だからこそ、ご近所さんとコミュニケーションをとり、みんなが納得できる解決策を一緒に探すことがとても大切なのです。

また、アパート暮らしの課題は騒音だけではないこともお忘れなく。特に大きな楽器やたくさんの機材を持っている場合は、スペースも大きな問題になります。しかし、折りたたみ式のスタンドや壁掛け金具、多目的家具など、ちょっとした工夫でスペースを最大限に活用することもできます。

結局のところ、アパート暮らしでも音楽への情熱を諦める必要はありません。自分のニーズと隣人のニーズのバランスを見つけることが重要なのです。黙々と練習する道具を使おうが、デジタルの代用品を使おうが、コミュニティ・スペースを使おうが、音楽を演奏し続ける方法はいくらでもある。音楽を生かし続け、共有の生活空間を尊重し、向上させるような方法で、音楽を楽しみましょう。

Ryan

電話申込み
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
ページトップへ