フリーレッスン集

FREE LESSONフリーレッスン集

ヘヴィなだけじゃない!7弦ギター入門

何百年もの間、ギターという楽器そのものが存在していたのとほぼ同じくらい長い間、従来のデザインに改良が加えられ、時には弦が1本追加されることもありました!「7弦ギター」と聞くと、自然とヘヴィでアグレッシブな音楽スタイルを思い浮かべるでしょう。しかし、これは必ずしもそうではないのです。今日はそのうちのいくつかについて学んでいきましょう。

ソリッドなボディと威嚇的なスタイルを持つ現代の7弦ギターは、1980年代半ばにスティーヴ・ヴァイによって広められたと思います。このブログ記事の目的は、拡張されたレンジのギターのアイデアを紹介するだけでなく、それによって何が実現できるのかをみていくことです。

7弦ギターとは?

今回の記事では標準的な6弦構成に低音弦を追加した7弦ギターに焦点を当ててお話します。その名の通り、7本の弦を持つギターです。機能は7弦まで全く同じです。

通常、ギターのチューニングは以下のように行われます:

しかし、これにもうひとつ音を加えなければなりません(緑色でハイライトしてある部分です)。つまり、開放弦(7弦から1弦まで)で次のような音符ができます:

ギターの高音側に余分な弦があるギターを見つけることは可能ですが、これはあまり一般的ではありません。この場合、余分な弦は代わりに高いAの音になります。また、最近のほとんどのチューナーは、この新しい低いピッチに正確にチューニングすることが簡単にできます。チューナーによっては、7弦モードを備えているものさえあります!

 

著名なプレーヤー

一流のプレーヤーは、余分な弦を使ったプレーに独自のアプローチを持っています。時には本当に重く、時にはそうでないこともある。僕が好きなプレーヤーをいくつか紹介しよう:

Mikio Fujioka (藤岡幹大)

このギタリストはおそらく僕が最も好きなプレイヤーの一人であり、2018年に早すぎる逝去に深い悲しみを覚えました。この特別なビデオでは、彼はより攻撃的な演奏を披露しているが、他の音源ではハーモニクスの素晴らしい知識を示し、紛れもなく彼であるユニークなスタイルで演奏している。

6弦や7弦のギター、アコースティックギター、そしてウクレレさえも自在に操る彼は、余分な弦を頭の中で音楽を創り出すための道具として使っている。

 

Steve Vai

この記事の冒頭でスティーヴ・ヴァイについて触れたが、彼のギター界への貢献が明らかであるため、ここで再び彼を取り上げることにした。このアルバム自体が、7弦ギターがギタリストの常備品となるターニング・ポイントとなったと多くの人に考えられている。

 

本人曰く、このアルバムでレンジの広いギターを使用した理由は、彼自身の演奏ともう一人のギタリスト、エイドリアン・ヴァンデンバーグとの間のサウンドを埋めるためだった。つまり、ストリングスを追加したのは、スタイル的な理由ではなく、聴覚的な理由によるものだったのだ。

 

John Pizzarelli

ピッツァレリの名前はジャズ・ギターの世界では非常に有名で、ジョン・ピッツァレリは7弦ギターを使用し、その追加を大いに活用していることで知られている。彼の音楽を聴いていると、彼が弾いているのが従来のギターではないことに気づかないのも無理はない。

彼の今までの演奏をチェックし、ヘヴィ・メタルとは一線を画すスタイルでの楽器の使い方を実感することもお勧めします。

 

ハーモニックとメロディックの可能性

個人的には、ハーモニックとメロディックの可能性を広げるために7弦ギターを使うのが好きです。ギターのフレット数にもよるが、最大で24個の音符で演奏できることになるのです。

ハーモニーの観点からは、コードをさらに広げることができるし、本当にスローでヘビーなサウンドを生み出すことができます。しかし、7弦ギターの最も好きな使い方は、動くベースラインを弾くことだろう。通常はベーシストやピアノ奏者が弾く、多くのスタイルで耳にするルート・ファイブ・パターンを弾くことができます。興味のある方は、7弦を使ったGメジャーの基本的なボサノヴァ・スタイルの進行の例をご覧ください。

また、メジャー・スケールのように単純なものを、最低弦から始めることもできます。これは、この方法で実現できるメジャー・スケールの多くの順列の1つでしかないことを覚えておいてください。下の例はDメジャーです:

クラッシング・リフ

7弦ギターで演奏される絶対的にクラッシュするリフのいくつかに言及しなければならない。結局のところ、それが彼らの得意とするところなのだから!お気に入りをいくつか紹介しよう:

Jeff Loomis – Jato Unit

この例のギターは通常のチューニングだが、半音下げている。基本的にはEbチューニングの7弦バージョンだ。残酷だ!信じられないような6弦のスウィープ・ピッキングやワミー・バーのセンスのいい使い方もチェックしてほしい!

ジェフは以前、ディミニッシュ・アルペジオを弾きすぎて批判されたと言っていた!

Trivium – Down From the Sky

この曲は、僕が初めて7弦ギターで覚えた曲だ。ダイナミックな変化が多く、ギター・パートが2つあるので、大きなコードや補助的なリフにも慣れることができる。また、この曲はBの低音弦のチャグにあまり頼っていないようだ。

この曲はアレンジも見事だと思う!いろいろなセクションがあるのですが、それぞれがとてもうまく機能しているので、多すぎるという感じがしません。

 

Dream Theater – Dance of Eternity

この曲には素晴らしい面がたくさんありすぎて、どこから手をつけていいかわからない。この曲は、基本的にバンドの楽器奏者たちのショーケースであり、とんでもない拍子の変化、複雑なリード・ライン、多くのキー・チェンジがある。聴いているだけで頭が混乱し、彼らがとても簡単に演奏しているように見えてうらやましくなる!

イントロの後、大きなコードが入ってくるときに使われている拍子記号が何なのか、考えてみてください。

 

最後に

初めて7弦ギターを手にするときは、Bの開放弦を中心にリフを弾くという危険性がつきまとう。最初の何回かはとても楽しいし、実際今でも楽しいが、自分のプレイがそれに支配されるのは避けるべきだ。他の6本の弦を使って演奏するのですから、その意味では普通のギターであることに変わりはありません。

オンラインで7弦ギターを購入する場合は、さらに注意が必要です。余分な弦を収納するためにネックが広くなりがちで、初めてギターを手にするときはとても不快に感じるかもしれません。弦に慣れるにはかなりの努力が必要です。弦に追加料金はかかりませんが、多少の差には驚かないでください。最後のアドバイスとしては、立っているときのギターの持ち方をよく考えて、必要に応じてストラップを調整すること。ネックの幅が広いと、ネックの持ち方が変わってしまうからだ。

誰もが7弦で演奏した経験があるわけではないので、先生が最善の方法で手助けしてくれるとは限りません。アメリカン・ギター・アカデミーの講師に相談してみてください。

Keep rocking!

Alex

電話申込み
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
ページトップへ