フリーレッスン集

FREE LESSONフリーレッスン集

ミュージシャンの「見た目」に関する先入観について

数多くの業界において、多くの側面が外見に基づいていることは残念な真実です。音楽業界では特にそうですが、今回は平均的な仕事人間である「ミュージシャン」にとって、もう少し親しみやすい話をしたいと思います。

僕はこれまで何度かブログで「ミュージシャン」は多才であること、そして多くのプレーヤーが音楽に対してユニークなアプローチを持っていることについて話してきました。しかし、ミュージシャンは外見から判断されがちなので、あなたは外見に合った特定のスタイルの音楽しか演奏できないかもしれない、あるいは特定の方法で演奏することができないと思い込んでしまうかもしれません。

 

個人的な経験

ここではあまり詳しくは述べませんが、ハトホル(不当な決めつけによって自分を不当に分類すること)について、僕自身の個人的な経験をいくつか詳しく述べたいと思う。参考までに、僕は長髪で、やや冴えないひげを生やしており(努力不足ではあるが!)、唇にピアスをしている。 この外見でソウル/R&B、エレクトロニック・ダンス、ヘア・メタル、スカなど、数え切れないジャンルで演奏やレコーディングをしてきました。ジャズやファンクだけでなく、あらゆる形態のブルースにも飽くなき愛情を注いでいます。僕はひとつのスタイルに落ち着くことができないようで、「すべてのものに何かを見出そうとする」という自分自身のアドバイスに忠実に生きています。

大学時代にジャズのワークショップに参加したとき、スタンダード曲のギターを弾きたいと申し出たことを思い出します。曲は覚えていませんが、Cのキーで演奏したことだけは覚えている。当時、僕はいつも革のジャケットを着ていて、貧乏学生でギターの弦を変えることができなかったという理由から、古いIbanez RG550EXのきらびやかなシルバー・フィニッシュを使っていた。ステージに近づくにつれ、心配そうな表情を浮かべる僕がソロ・セクションでフリントストーンズのテーマを演奏することにしたのは、間違いなく彼らを驚かせた!

 

今後のブログ記事に関して

今後、業界の著名な現役プロ・ギタリストに行った短いインタビューを紹介していく予定です。彼らの経験は、様々なジャンル、業界の分野、そして小さなステージから大きなフェスティバルまで多岐にわたる。彼らは皆、僕が友人だと思っている人たちであり、彼らの意見を心から信頼している。

今日取り上げるトピックについて、彼らの視点を取り上げ、個人的な経験について論じるつもりだ。これらのブログ記事は、アーティストのスポットライトとしての役割も果たし、それがシリーズ名となる。これらの記事が読者にとって興味深いものであると同時に、目を見張るようなものであり、何があろうとも自分自身の道を切り開くきっかけになればと願っている。

プレビューとして、僕が話をする予定のギタリストを紹介しよう:

Charles Roper

彼の技術的で理論的な知識には、あなたにはかなわないでしょう。このマスタークラスのビデオを見れば、しばらくは退屈しないはず!

Michael Kaplan 

アメリカン・ギター・アカデミーの輝かしいリーダーです。著名な教育者、演奏家、実業家であり、スムース・ジャズのレジェンド、ノーマン・ブラウンにインタビューしています。

Nat Martin

大学時代の恩師の一人で、フレージングの天才であり、最高のギター・トーンの持ち主でもあります。このビデオは、ステファン・レッテンバッハーによるファンク・アレンジで、畏敬の念を抱かせる素晴らしい演奏のバージョンだ。

Nik Sampson

UKデスメタルのパイオニア、ベネディクションのベースを弾きながら世界をツアーするのと同じくらい、最も複雑なメタル・チューンをシュレッドに弾きこなすメタル・ギターの巨匠。このビデオのプレイスルーは、驚くほど残酷だ!

Joe Boult

勤勉なミュージシャンでありギタリストであり、この業界で働くプロフェッショナルであることの意味を完全に体現している。下記のリンクのような素晴らしい曲を教え、書き、録音し、発表できることは並大抵のことではない!

機材に基づく思い込み

この投稿の冒頭で述べたように、機材に基づいて演奏家やパフォーマンスに対する先入観を持つことは珍しいことではない。あなたにとって良いチャレンジになると思う実例がいくつかあります。

アーティスト1

ギブソン・レスポールとMesa Boogie Dual Rectifier、そして4×12のMesa Boogieギター・キャビネットが置かれた大きなペダルボードがステージ上にある。

このアーティストは、スタジオの伝説でありジャズの巨匠、リー・リトナーに他ならない。彼はナイロン弦ギターやジャズボックス(大きな中空ボディのギター)も使うが、メタル・サウンドをクラッシュさせる最も一般的なアンプの1つであるレスポールとMesa Boogie Dual Rectifierを使用しているのをよく見かける!

アーティスト2

あなたはステージ上で興味深いギターを見つけた。形が変わっていて、弦が7本あり、そのうち3本が異常に太い。フレットも斜めに向いていて、ファンフレットと呼ばれています。

このアーティストはチャーリー・ハンターで、さまざまなジャンルにまたがる先駆的なミュージシャンであり、演奏に対するユニークなアプローチを持っている。彼が使用する特注ギターは、最低3弦がベースと同じように設計されており、ベース・ギターのパートを忠実に演奏しながら、従来の高音弦を使って様々なコード・ヴォイシングやフレーズを演奏することができる。繰り返しになるが、このようなギターはよりヘヴィなジャンル向けだと思われるかもしれないが、詳しくは7弦ギターについてのブログ記事を参照していただきたい。

 

アーティスト3

このセッティングは少し変わっていて、ステージが他のステージよりずっと大きい。フェンダーのストラトキャスター、テレキャスター、ジャズマスターが見え、ギターアンプはオレンジの面白い色合いで、一般的なギターアンプのイメージにはふさわしくない。何かアイデアはないだろうか?

前の2つのエントリーとは正反対に、このプレイヤーは通常ロック、ファンク、ブルース、インディーに関連するようなギターを使い、代わりにSlipknotというバンドで最もヘヴィなメインストリームのリフを使っている。オレンジ・アンプ(これがブランド名)は、長い間ロックやメタルと結びついてきた。知らない人には、ヘッドとキャビネットのトーレックスのカバーの鮮やかなオレンジ色が、それほど攻撃的でないものを連想させるかもしれない。

これらのケーススタディーの中で、あなたが引っかかったものはあっただろうか?おそらく、あなたは結論を急ぎ、先回りして判断していたのだろう。それは普通の反応ですが、僕はそれが機材や外見だけでアーティストを判断してしまう、自身を鍛えるべきものであることを示したかった。

 

最後に

音楽には非常に多くの層があり、その数は計り知れない。ある特定のスタイルに秀でていたり、よく知られていたりする人がいても、その人は他の分野で強い能力を持っているかもしれない。他の楽器を使うこともある!ギターの名手ニック・ジョンストンは、すべてではないにせよ、インストゥルメンタル曲のほとんどをピアノで作曲し、それをギター用にアレンジしていることでよく知られている。

僕はいつも、チューターが持っている知識の深さと、その知識の広さに驚かされました。あなたの先生や、アメリカン・ギター・アカデミーの素晴らしい講師陣の一人に、彼らの意見や、過去にそのことが影響したかどうか、そしてそれをどう克服したかを尋ねてみてください。また、今後のアーティスト・スポットライトのブログ記事にも注目してください!ロックし続けましょう!

Alex

電話申込み
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
無料でプロ講師の
アドバイスを受ける
ページトップへ